【腕の骨折】三角巾がすれて首の後ろが痛む時の対処法

腕を骨折すると、三角巾が必須になりますよね!

必須アイテムの三角巾ですが、結び目で皮膚がこすれ、首のうしろを痛めてしまうことがあります。

そんな場合の対処方を、骨折回数2桁以上のわたしがお伝えします!

 

 

骨折時の生活についてはこちら

骨折、治るまでの過ごし方と便利なおたすけグッズ
【骨折】治るまでの過ごし方・便利グッズ

 

【三角巾の結び目対策】首のうしろを保護しよう

簡単ですが、首のうしろを保護しましょう!

 

大判サイズの絆創膏がおすすめ

BAND-AID

Lサイズ

こちらは7枚入りなので、3箱(3週間分)用意すればO.K!

Amazonで探す

もし全部つかわずに残ったとしても、靴擦れ用に転用できます♪

ムダになることはないので、ケチらず用意しましょう。

 

痛む前、朝の内にケアをしよう!

ただ、そもそも痛ませないのが一番いいですよね。

 

痛む日と痛まない日があると思うのですが、痛む前提で朝の準備をしましょう!

通常の骨折やヒビなら、三角巾卒業までおよそ3週間。

簡単なので、三角巾卒業までの間は、基本毎日朝のからのケアを心がけましょう。

 

首のうしろを傷めないための事前予防

  1. 首の後ろにクリームを塗る
  2. ベビーパウダーをはたく

たったこれだけ♪

これでだいぶ痛みにくくなりますよ!

 

冬場などはマフラーを噛ませることもできるのですが、春~秋はそれもできません。

外出先で痛んだらだいぶ辛いので、事前にケアをし予防しましょう。

 

クリームもベビーパウダーも持っていないし、買うのはちょっと…ということであれば、朝から絆創膏を貼って過ごすのでもO.K.です。

 

【腕の骨折】三角巾に代わる、便利グッズを使うのも有り!

この十数年で安くて便利なグッズが増えてきました♪

三角巾の代用グッズもその内のひとつ!

 

【think ergo】

アームスリング エアー/クイックアジャスト

  1. 身長:158~182cmの大人用はこちら
  2. 身長:152~182cmの大人用はこちら
  3. 身長:145cm以下の大人・子ども用はこちら
Amazonで探す

の方がよりも肩パッド部分の幅が広くなってます。(画像は

 

三角巾が痛むのは、結び目が首のうしろで擦れたり、肩に食い込んだりするから。

肩パッドがあれば、そのような心配はありません。

 

そもそも

首は頭を支えている部位。

頭は体重の10%の重さといわれてますから、体重50kgならだいたい5kgほどの重さです。

三角巾使用時は、5kgを支えている首に、さらに腕の重さが加わっている状態なんです。

 

けっこうな高負荷…!

ですのでこういったグッズを使えば、首のうしろの痛みだけでなく、首そのものへの負担軽減にもなるんです。

 

使う期間は3~4週間程なので、使用期間に対してちょっとした出費と思うかもしれません。

しかし、このちょっとした便利グッズを活用することで、ストレスが減り、だいぶ過ごしやすくなるんです!

 

【まとめ】三角巾の擦れから首の後ろを守ろう

ただでさえ、不自由なことが多い骨折期間。

少しでもストレスが和らぐよう、便利グッズは駆使するに限ります!

 

とはいえ、骨折で不便な期間なんてたかだか1か月ほど。

『あまり使わないものに出費はな…』ということであれば絆創膏だけでもいいので、首が痛まないよう保護してあげましょう♪

そして、すこしでも骨折期間の生活が楽になりますように!

 

 

この記事がお役にたてたらうれしいです!

よかったら、ぜひツイッターでシェアしてください!

@TATA43219)を付けていただければ、いいね❤しに飛んでいきます♪

 

あわせて読みたい