HEALTH ライフスタイル

【体験談】子宮内膜症(チョコレート嚢腫)の診察方法について

【体験談】子宮内膜症(チョコレート嚢腫)の診察方法について

 

生理が異様に重い人

出血量が多い人

そんな人には、一度子宮内膜症をうたがって婦人科を受診してほしいのですが、診察がどんなものか分からないと行くのも不安ですよね。

 

そこで、子宮内膜症歴5年程のわたしが、子宮内膜症の初診・診察についてお伝えします。

これで少しでも不安が減って、婦人科に通いやすくなるとうれしいです!

 

前回の記事はこちら子宮内膜症(チョコレート嚢腫)になった話

 

【初診の様子は?】子宮内膜症かどうかの検査について

初回は問診、検査、MRIの流れの後、治療方針の話となることが多いでしょう。

順を追って説明しますね!

 

初診の流れ

まずはほかの科同様、問診があります。

いつから痛むのかなど、基本的なことを聞かれます。

わたしの場合は、『毎月痛むが、なんとなく2カ月に1回とくに痛む気がする』傾向があったので、そういった話もしました。

気になる点があれば、誤診を防ぐためにも伝えるようにしましょう!

 

問診の後は検査です。

何で生理が重いのか?腫瘍の有無を確認します。

 

検査方法は主にこの2つ!

  • 下からカメラを入れる方法
  • お腹の上からエコーで診る方法

下からでは痛みがある人やイヤな人、未経験の人はエコーになります。

 

初回はMRIを案内されるかも

 

上記のような検査にプラスして、初回はMRIを撮ることが多いです。

MRIはCTより解像度の高い映像が撮れるので、検査精度を上げるためにも1度は案内されるかもしれません。

必ず案内されるわけではないですが、案内されるかもと思っておいた方がいいでしょう。

 

CTで子宮筋腫が見逃されていたわたしとしては、MRIは誤診防止になるおすすめです。

 

MRIは後日撮影が基本

MRIはCTと似た方法で撮影されるのですが、CTに比べ撮影時間が長いです。

そのため、予約して別日に撮るパターンが多いでしょう。

時間が長いといっても寝ていれば終わるので、検査自体は楽ですよ

 

ちなみに

  • MRIはCTより検査料が高いので、検査の前にだいたいの費用を確認された方がいいでしょう
  • (子宮の検査なら、1万円でおつりが返ってくる価格帯)
  • また、撮影日は検査着に着替えやすい格好で行くと良いですよ

 

それらの検査を経て、子宮内膜症と診断されたら投薬や手術などで治療していきます。

 

子宮内膜症の治療について

 

薬での治療の場合、ディナゲスト(ジェネリック医薬品はジエノゲスト)が主流になるでしょう。

処方後、数週間は様子見期間。

薬が合えば、本格的にディナゲスト(ジエノゲスト)生活のはじまりです!

 

この薬の最大処方日数90日分です

だいたいの方は30日~90日の間隔での受診になるでしょう。

ただ、最初から90日分は出してくれないと思うので、なれるまでは1カ月間隔が多いですね。

 

診察・検査と薬の処方

1~3カ月間隔でくり返す感じです。

 

服用が長くなれば、2回の受診に1回の検査でも薬を処方してもらます。

時短になって検査代もかからないので、安定したら先生に相談してみてもいいでしょう♪

 

検査方法がエコーの場合

定期検査がエコーの場合は、尿が多い方が診やすいそうです。

検査日は、なるべくたくさんの水を飲んでから受診するようにしましょう。

また、お腹を出せるようワンピースは避けていくようにしましょう!

 

検査が下からのカメラの場合

下からの場合は、検査しやすいようにスカートやワンピースの方がいいですね。

 

女性医師と男性医師でどっちがいい?女医さんの方が良いのかな?

女医の方がいい

男性医師はヤダ

と思う方は、女医がいる病院を受診すると良いですね。

デリケートなことですし、話しやすい・話しにくい性別があるなら、希望する性別の先生がいる病院を探しましょう。

病院なびなどでは女医を指定して検索もできます。

 

ですが特にこだわりがなければ、近くの評判がいい病院に通うのがいいでしょう!

時間・お財布的に、負担がかからないですみます

今後長く通うかもしれないので、通える距離というのは大事です。

初診は安心を買って遠くでも、距離が負担の場合は、通院は近くに転院というのもありです。

その場合は先生に相談しましょう。

 

ちなみに

わたしの経験では、女医さんより男性医師の方がやさしく説明が丁寧でした。

婦人科に限っては男性医師の方がいいイメージがあります。

とはいえ、性別というよりも先生との相性の問題なので、『男性はイヤだ』という拘りがないなら、あまり気にすることはないと思います。

 

婦人科の病院の様子

わたしは子宮内膜症で3つの病院に通いました。

その経験からの印象では、入院施設の有・無で雰囲気はだいぶ違います。

 

また、入院施設(産科)がある病院の場合は、パパさんが待合室にいる率も高いです。

見るからに『妊婦さん』な女性も多いですね。

 

比べてクリニックは男性率が低いです。

というか、わたしの通っているクリニックでは見たことがないです。

また、『妊婦さん』らしい女性も見かけませんね。

 

だからどっちの方が通いやすい、などをわたしは感じませんが、病院によって通う人の種類が違うのだな、とは感じました。

 

大きい病院の方が設備も充実してるので、どっちに通ったらいいか迷ったら、大きい病院に行ってもいいですね。

ただ最近の大きな病院は紹介状必須な場合が多いです。

 

その場合は街のクリニックでも問題ないでしょう。

もしクリニックにMRIを撮る設備がなくても、撮影だけ他の病院に依頼してくれます。

他の病院に撮影に行く手間はありますが、クリニックだから/病院だからという理由で、検査結果に差は出ないので安心していいでしょう。

 

【まとめ】子宮内膜症の検査や治療について

 

生理が重いから、もしかしたら病気かも

と思っても、婦人科って妊娠したら行くところで、それ以外は未知ってイメージが強いと思います。

どんな検査をするのか分からず、不安なのになかなか最初の一歩が踏み出せない、そんな科だと思います。

わたしがそうでした。

 

検査は痛いのではないか

恥ずかしいのではないか

などと考えて病院に行かなかったばっかりに、どんどん症状は進行して6㎝もの腫瘍を作り上げていました。

 

病気は早期発見が一番です。

早めに受診して、治せる内に治してしまいましょう!

この記事が、生理が重い方や子宮内膜症っぽい方の、通院への後押しになったらうれしいです。

 

あわせて読みたい

-HEALTH, ライフスタイル