統合失調症

【統合失調症】家族ができる対応と限界、家族として願うこと

こんにちは、TATA(@TATA43219)です

 

今回は、

  • 統合失調症患者の家族がすべき対応
  • 家族ができる対応の限界
  • 家族として願うこと

について書いていこうと思います。

 

わたしと統合失調症に関しては、こちらの記事をご覧ください家族(兄弟)が統合失調症になった

家族ができる対応と限界、家族として願うこと

 

家族(親や兄弟)ができる最善の対応をしよう

前回の記事の続きになってます

 

家族が統合失調症を患ったら、まずは毅然とした態度をとることが大事

 

親であるならなおさら

怖いのは、『嫌われたらどうしよう』『恨まれたらどうしよう』『子供がかわいそう』という感情で判断が鈍ることです

自分や周りが我慢すれば面倒なことにはならない、こうなってはダメ

ダメなものはダメ、おかしいことはおかしいと、はっきり態度と言葉に表すことです

 

他の親族やすでに独立した子どもに現状を伝え、情報を共有すること、協力を求めることは大事です

しかし、大変な状況に巻き込んではいけません

『情報を共有し、協力を求めること』と『巻き込むこと』は、似ているようですが意味がまったく違います

このことを忘れないでください、共倒れになってしまいます

 

また統合失調症の本人が、通院や入院に応じてくれればいいのですが、ダメだった場合は、まずは地域の保健所に連絡を取りましょう!

正直、保健所に過度な期待は禁物ですが、外部への相談と助けを求めることをやめてはいけません

孤立しては絶対にダメです!

 

どうしたらいいだろうと調べて、ここまで辿り着かれたあなたです

藁にも縋る思いかと思います

現在の日本では、家族の依頼でも強制的に病院に連れていくことはできません

そこに辛さを感じる日々なのはとてもよく分かります

行政にがっかりする気持ちもとても強いでしょう

でも、ぜったいに動き続けることを止めてはいけませんよ!

 

また、地域には家族会というものもあるので、早い段階で会に相談するのもありでしょう

勉強会というものもありますし、何より同じ悩みの人とお話ができるので、心が軽くなるはずです!

 

情報を集め、行動すること

初期の段階や、症状が落ち着いた頃に大事なのは『平和な時期に情報を集めること』です

 

再発したら、疲弊してそれどころではありません

1日1日祈るように時が過ぎるのを待つばかりの日々では、情報を探す気力はありません

そこまで頭が回りません

 

なので平和な時期に、万が一の再発に備えて情報を集めておいた方が良いでしょう

もしあなたひとりでの情報収集が難しいようなら、先述したように、親族や他の子どもに協力を仰いでみるのも手です

 

具体的には、

  • いま通っている病院に不安な点がある場合は、評判のいい医者・病院を探す
  • 家族会に相談していなければ、家族会について調べておく

などです。

 

わたしの兄弟が病識を持てたのは3回目の入院の後です

その退院後、『もしまたあの病院だったら、きっと『またここに入れされられた』って恨んでたと思う』

『この病気を受け入れてなかったと思う』と言っていました

 

1回目と2回目は自宅から近い、すぐに入れるけど口コミがあまりよくない病院でした

3回目は強制的に連行された時に入った病院なので、そこは見つけたというよりたまたまの運なのですが、自宅から1時間以上離れた場所にある病院でした

 

ここの先生やプログラムが良かったらしく、ここでの入院で初めて病識が持てたのです

 

ただ、ここの口コミはあまりないので、口コミを主たる判断材料にはできないのですが、もしいま通っている病院に不信感があるなら、他の場所を探すのも大事です

不信感がないようなら先生を信じて、『家族ができることは何か』、『本人が気を付けるポイントはどこか』を聞いて実践していきましょう

 

家族(兄弟)として思うこと

 

わたしは、精神疾患について広く知れ渡ってほしいな、と思います

病気のことだけでなく『なったらどうすればいいのか』など前向きな情報と一緒に、周知されると尚良いと感じます。

 

そして、通院や入院に応じない患者に対しては、強制入院させられる制度があれば良いとも思っています。

 

以下では、そのことについて書いていこうと思います。

 

家族として願うこと1:精神疾患について学べる場を

まずひとつ目の『精神疾患の現状が広く知れ渡ってほしい』についてですが、統合失調症患者に対する社会の皆さんの目は、決して理解のあるものではありません

 

ただ、それはそうだろうな、とも思います

統合失調症の症状が症状なので、関わらないようにしようと思うのが普通です

要らぬ恨みを買うかもしれませんから、触らぬ神に祟りなしとするでしょう

そしてそれは正しい判断です

 

でも、知ってほしいとは思います

 

わたし自身、患者を家族に持ってはじめて知ることが多いです

誰だってきっと、身近にかかっている人がいないと、自分とは関係ない話だと思うでしょう

 

でも知ってほしいと、広く知れ渡ってほしいと思います

 

精神疾患だけではありません

不幸な出来事や先天性の病気で、いわゆる『健常者』の枠から出ている人は大勢います

でも多くの『健常者』はその存在と接することなく、生活しています

 

わたしは義務教育の中で、そういったハンデを持っている方と、接して学ぶ機会があってほしいと思います

 

人生何が起こるか分かりません

いつか行く道かもしれません

その道が、差別や偏見、無理解にあふれる道であってほしくありません

辛いことがあってもその先に希望があり、希望に続く道しるべだってある、そういった社会であってほしいです

 

ハンデに対して社会の理解が浸透していれば、精神疾患にかかったとしても『そういう事もあるよね』と、本人も気が楽になると思うのです

社会・本人双方に、もっと現状を受け入れる余裕があるといいなと思います

 

奇異の目で見ることや、理解を示せないのは、無知からくることの方が多いと思います

幼いころから『当たり前』の種類がたくさんあることを学んでいければ、社会はやさしい形になるのではないでしょうか

 

家族として願うこと2:強制入院させられる制度を(移送制度について)

次に、ふたつ目の『通院や入院に応じない患者に対しては、強制入院させられる制度を』についてお話します。

これは、兄弟の3度目の入院までの経緯から、切に願うものです。

 

いくら警察に訴えてもダメ、保健所に相談してもダメ。

『これは誰かが死ぬか事件でも起きない限り、どこも動いてくれないのではないか』と、気が気じゃない時期がありました。

 

警察にしろ保健所にしろ、『家を壊したり人様に迷惑をかけているから、病院に連れて行ってほしい』と言っても、公的機関は動いてくれません。

 

『人の家に訪問してストーカーまがいなことをしている』、『人に迷惑をかけているのだから確保してほしい』と家族が言っても警察は動いてくれません。

暴力沙汰でないからか、警察の目の前であったとしても、迷惑をこうむっている側の人が警察に届けてくれない限り、連れて行ってはくれないのです。

 

どうにかならないかと調べて知った『移送制度』も、保健所に聞いたら、私たちの地域では使えない制度でした

とても高額にはなりますが、民間の移送サービスもあります

もしお使いになるなら複数社に見積もりをお願いし、どこの医療機関に繋いでくれるのかも、あわせて確認されるといいかと思います

 

この時はじめて、住んでいる地域によって、受けられる行政サービスに差があることを知りました

 

また変な話ですが、私たちは迷惑をかけている方に、何度も警察に訴えてほしいとお願いしていたのですが、警察に言ってもらえることはありませんでした。

数日おきにピンポンしてきて、手紙や贈り物をしてくる近所の大人など気味が悪いはずなのに、いつも兄弟の話し相手になって贈り物を受け取るのです。

その後、謝罪しに行った家族にその贈り物を返す、という繰り返し。

 

兄弟が入院できたのは、兄弟が警察に手を上げたから、連れて行かれたという経緯があります。

わたしは良かったと思っていますし、他の家族も良かったと思っています。

むしろ警察の方には申し訳ない気持ちですが、それでも親は泣いていました。

頭ではわかっていても、我が子が暴れながら警察に連行されるなど、本来見たい姿ではありませんからね。

 

これをご覧の方の中にはもしかしたら、『あなたたち家族が連れて行けばいいのでは?』と思う方もいるかもしれません。

しかしそれは不可能です。

 

年老いた両親では、力の加減なく暴れる大人を、力でねじ伏せることはできません。

両親は何度も青あざを作っていましたし、家具も破壊されていました。

説得しようにも聞く耳を持たず、連れて行こうにも逃走します。

 

病院に相談しても、病院だって患者が来てくれなければ対応できません。

 

無事に1日が終わるのを祈る様な日々で、『誰かが死ぬか事件でも起きない限り、どこも動いてくれないのではないか』と本気で思っていました。

 

 

現在の制度について、理解できるところはあります。

訴えている家族が正しいとも限りませんし、患者にも人権があります。

保健所は人が足りていませんし、強制的に連れて行く人の安全についても、考えなくてはいけません。

連れられていく方の、心のケアだって考えなければいけないでしょう。

 

それでも、共倒れにならないよう、家族が救われる道がほしいです。

 

兄弟が不安定だった当時は、『この犯人は精神疾患を患っているのではないか?』という人のニュースを見るたびに怖くなりました。

地元での人身事故のニュースを聞くたびに、兄弟ではないようにと思っていました。

 

わたしは、社会の理解の浸透を願うと同時に、強制力のある入院制度を願ってしまいます。

 

まとめ

 

ひと昔前のアメリカでは、ロボトミーなどという悪魔のような手術をしていました。

そのころに比べ、精神疾患に関する研究は格段に進んでいるのだろうと思います。

 

その陰には、先生や研究者はもちろんのこと、たくさんの患者や家族の苦労があったのだと思います。

ほんとうに、頭の下がる思いです。

 

いまはいろいろな薬があって、合う薬に出会えれば症状もおさまり、普段通りの生活を送ることができます。

でも、いい医療機関(いい医者)に出会えなければ、そのチャンスも逃してしまいます。

 

兄弟は今、月1回に注射を打つだけで良いというところまで良くなりました。

持続性のある薬なので、月に1回の通院で良くて、しかも薬の飲み忘れも起こらない。

わたしの兄弟にはとても合いました。

 

それだって、これまでの研究の成果で受けられている治療です。

兄弟の苦しみも、私たちの苦労も、いつかの未来の誰かのために役立っているならいいなと思います。

 

統合失調症に効く特効薬はありません。

これは一生おつきあいする病気です。

 

ありのままの自分を受け入れて大切にし、周りに感謝する心を忘れずに、労わりあいながら生きていけたらと思います。

 

おすすめ:体験談の絵本

統合失調症にかかったHimacoさんという方の絵本で、当時やその後の心情が、優しいタッチの絵とともに丁寧に描かれています。

Twitterで綴っていたものを加筆修正し、絵本にしたものだそうです(*^▽^*)

統合失調症ってどんな病気?』『患者には世界はどう見えているの?』を知る、入門書として良質な一冊ですよ。

 

統合失調症を患ったお話

【統合失調症を患ったお話】

Himaco (著)

水彩タッチの絵がとてもステキ。

淡々と、分かりやすく心情が描かれています。

作者の自分自身を客観的にみて、言葉にして発信できる強さにびっくりしました。

Amazonで探す

 

統合失調症の症状は人によって千差万別なので、これも『たくさんある例のうちのひとつ』ではあり、Himacoさんのパターンにすぎません。

兄弟のパターンから見ると、とても受け入れが早く、周りに恵まれたのだろうな、と感じます。

 

 

この記事がお役にたてたらうれしいです

良かったら、ぜひツイッターでシェアしてください。

@TATA43219)を付けていただければ、いいね❤しに飛んでいきます!

 

あわせて読みたい

100人に1人がかかる、統合失調症について
100人に1人『統合失調症』という病気と再発の怖さについて

 

-統合失調症